ウーマン

クマを治すなら|現代の技術を駆使すれば簡単に治すことが可能

若々しい目元を保つ

笑顔の女の人

パソコンの使い過ぎに注意

年をとると目の下のたるみに悩む女性が増えてきます。目の下の涙袋は目を大きく見せる役割をしてくれますが、加齢によって筋肉が衰えると目の大きな人ほどたるみが目立ってきます。特に今はパソコンの画面を見続けるなど目を酷使する人が増えていますが、意識して目を休めたりまばたきをして筋肉を動かすようにしないと、早くから目の下のたるみに悩むようになります。若いうちから対策をしっかりしておくことが大切です。目の周りを温めて血流を良くしたり、アイメイクを落とす時に目の周りの皮膚を傷めないように注意する事もたるみ予防につながります。たるみは肌の中のヒアルロン酸やコラーゲンが減ってくることでも起こるので、肌ケアをしっかりすることも大切です。

改善する方法

たるみ対策として肌のコラーゲンを増やすには、美容整形外科で行われているレーザー治療も効果があります。レーザーで肌の真皮層に熱を加えると、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発になるため目の下のたるみが改善します。手術の必要がなくレーザーを照射するだけで良いので人気があります。またすぐにたるみを何とかしたい場合には目の下にヒアルロン酸を注入する方法もあります。疲れて見える原因となる目の下のクマを改善できるほか、若い頃のようなはっきりとした涙袋を取り戻すことができます。目の下の涙袋がたるんで大きくなっている場合には、余分な脂肪を取り除くことで若々しい目元になれます。まぶたの裏側から脂肪を取り出す為、顔に傷がつくこともありません。